チャットでお問い合わせ
閉じる

何かお困りですか?
チャットでお気軽にご相談ください。
オペレーターがサポートいたします。

相談する

ヤフオク!ヘルプ

キーワードから探す

よく検索されるキーワード:「システム利用料」「自動入札」「かんたん決済」「取引ナビ 投稿」「入札者評価制限

カテゴリーから探す

落札者の削除・繰り上げに関する評価

注意
2009年3月11日より、補欠落札者を繰り上げなかった場合に、出品者へ自動でついていた「非常に悪い」の評価はつかなくなりました。

落札者を削除する場合、取引相手や「auction_master」(ヤフオク!のシステム)から、自動で「非常に悪い」の評価がつきます。自動でつく評価の概要は、以下の図のとおりです。詳しい説明は、図の下の本文をご覧ください。

なお、削除した落札者と出品者自身も、お互いに評価が可能です。取引を中止した過程について評価できます。

注意
・自動でつく評価は、通常の評価とは異なる制限があります。詳しくは、「自動でつく評価(auction_masterによる評価など)」をご覧ください。

・(出品者の方へ)落札システム利用料の締め日の時点で、落札者(または落札者候補)を削除していない場合、システム上は「落札者(または落札者候補)」ありとなるため、代金や商品の受け渡しを行っていなくても、落札システム利用料がかかります。取引が続けられなくなった場合は、速やかに削除の手続きを行ってください。

■落札者削除の流れと自動でつく評価



■1-1. 落札者削除

出品者は、「出品者都合」または「落札者都合」を選択したうえで、落札者を削除できます。このとき、落札者削除の原因となった側へ、取引相手から自動で「非常に悪い」の評価がつきます。

「出品者都合」を選択した場合は、さらに出品者に対して、ヤフオク!のシステム「auction_master」からも「非常に悪い」の評価がつきます。

■1-2. 補欠落札者の繰り上げ

出品者が落札者を削除する際、次点の落札者(補欠落札者)がいるときは、補欠落札者を繰り上げて、落札者候補にするかを選択できます。どちらを選択しても評価はつきません。

注意
2009年3月11日より、補欠落札者を繰り上げなかった場合に、出品者へ自動でついていた「非常に悪い」の評価はつかなくなりました。

■2. 落札者候補の、落札への同意・拒否

落札者候補は、落札に同意する手続きを行うと、通常の落札者になります。

落札を拒否する手続きを行ったり、いずれの手続きも行わなかった場合でも、落札者候補、出品者のいずれにも評価はつきません。

■3. 落札者候補の削除

落札者候補が落札を拒否した場合や、同意も拒否の手続きも行わず放置している場合、出品者は「出品者都合」または「落札者都合」を選択したうえで落札者候補を削除して、さらに次点の落札者を繰り上げられます。

落札者候補を削除する場合は、「出品者都合」「落札者都合」のどちらを選択しても、出品者にも落札者候補にも、評価はつきません。

注意
削除しても評価がつかないのは「落札者候補」のみです。落札に同意する手続き済みの人は「落札者候補」ではなく、「落札者」になっているため、削除すると「落札者削除に伴う評価」と同じ評価がつきます。

参考

このヘルプは役に立ちましたか?

フィードバックをありがとうございました。
サービストップに戻る

フィードバックをありがとうございました。
ヘルプトップに戻る

このよくあるお問い合わせのよりよい活用方法をお知らせください。

解決しない場合は...